2013年09月16日

Hデザイナーズマンション(プロローグ)3

1LDK15戸・地上3階建てとし、駐車台数3台。このボリュームにて事業計画シュミレーションを行う!
数社の建設会社に現在の施工単価の状況をヒアリングした結果より工事単価の高騰が事業計画の収益利回りを圧迫していた。
コストダウンする為のコストコントロールが重要となる!

そこで構造工法をラーメン構造ではなく、壁式構造とする事で、材料及び施工手間の効率化で、コストダウンを行うとともに、柱・梁が住戸内に出てこないので室内空間に凹凸が無くなり、広がりのある豊かな室内空間の構成ができる一石二鳥の策、また地上3階にする事でELVの設置は不要となりイニシャルコスト(建設費)が抑えられるとともに、マンション運営維持管理の為のランニングコストをも抑える事ができ、NET利回りを上昇させる事とにつながっていく事となります。


オーナーとの協議の結果、上記の企画案にてプロジェクトを進めて行く事で決定!
銀行融資手続へと・・・・・つづく!

基礎コンクリートの打設が終わり、埋戻し作業へと現場は進んでいます。
822kisokon2.JPG

826kisokon7.JPG

912doma4.JPG
posted by アーキプロデザイン at 11:20| 日記

2013年08月05日

Hデザイナーズマンション(プロローグ)2

年が明けて(2013年今年)幾つかプランシュミレーションを行った。相談者(施主父)がお持ちになった計画案は4階建の1Kタイプで16戸であり駐車台数3台である。
戸数が減る可能性が懸念されたが階数は前章で述べたように、近隣の方々の住環境をできるだけ良好にできるように3階建ての低層のままで行う事とした。
駐車場は3台で十分と判断した。計画地の立地はバス停が幾つか近くにあり交通の便は良い、歩いて1分程度の所にはレンタカー店もあり、入居者の想定を社会人の単身若者とリンクス(夫婦共働き)が有力と考えている。1Kではリンクスの入居は困難である為、35u(住戸面積)の1LDKでプラン提案を行うところまで絞り込むこととした!・・・続く。

土工事が完了し、現在の工事進捗状況は基礎の鉄筋加工配筋を行っている真っ最中です。お盆前には基礎コンクリートの打設を行いたかったのだが、猛暑が続く中で職人さんたちの負担も大きくなるだろうし、無理して手直しが発生するのは避けたいと考え、お盆が過ぎてのコンクリト打設と考えている。
P8050380.JPG P8050389.JPG
posted by アーキプロデザイン at 17:03| 日記

2013年07月31日

Hデザイナーズマンション(プロローグ)1

2012年暮れに、建築主の父上(不動産業)が相談にみえられました。父上とは20年来のお付き合いです。
「土地の購入をし、単身マンションを計画しているが現在のプランに疑問があり意見を・・」。
プランを拝見させて頂き、計画地は世帯者用の住環境であり、以前の学生マンションタイプでは問題があるのでは?父上も同意見。又4階建てにて計画がなされていた。
北側には2階建ての一般住宅があり、又、計画の建物配置は日影規制を考慮していないと思われるような配置計画に、「近隣環境にもあまり好ましい計画とは思えない」と意見を申し上げ、1.住戸タイプの見直し。2.建物配置の見直し。3.建物高さ階数の見直しを含め、近隣賃貸マンションとの差別化による、付加価値のある将来性のある計画に見直す事が必要である事の説明し、新たな計画案を提案させて頂く事となった。
・・・・・次回に続く。
現在は基礎の根切り土工事完了し、基礎捨コン打設まで完了しました。
P7310380.JPG
posted by アーキプロデザイン at 16:56| 日記