2013年12月27日

マンション名が「エスペランサ原」に決定です!

マンション名が「エスペランサ原」に決定です!
スペイン語で「希望」という意味だそうです。オーナーの姪子様が名づけられました。いまメキシコから日本語を学びに約1年程滞在するそうです。

棟内モデルも年内には完了予定です。来年には賃貸希望者の内覧が可能となります。
PC270396.JPG PC270395.JPG PC270394.JPG PC270393.JPG
posted by アーキプロデザイン at 17:08| 日記

上棟しました。

10月20日には中間検査も終わり・2階・の3階の配筋検査等を経て今月(12月17日)にR階(3階躯体)のコンクリート打設が完了し、年内に何とか上棟する事ができました。

3階コンクリート打設後
Rhisasihaikin2.JPG PC270392.JPG

2階配筋検査・コンクリート打設状況
2Fhaikinkensa6.JPG 2Fkondasetu4.JPG

3階配筋検査
Rhaikin4.JPG Rhaikin1.JPG
posted by アーキプロデザイン at 16:49| 日記

2013年10月11日

Hデザイナーズマンション(プロローグ)4

1階躯体配筋型枠工事が始まりました。

プロローグ4
銀行融資が3月末銀行融資も満額で決済が出、オーナーへの重要事項説明を終え4月に設計監理契約を締結し基本設計へとプロジェクとは進んで行きました。
福岡市の条例による「お知らせ看板」の設置をゴールデンウイーク明けに行い、近隣への事前説明も終え設計作業はピークへ。

以前よりオーナーから建築工事は友人の建設会社にお願いしたいとのご要望でしたので、基本設計が完了し構造仮定メンバーと設計仕様書にて、工事金額見積を取る作業も平行して進めてい行きました。
昨年から建設業界は、消費税の3%UPや東日本大震災の復興、アベノミクスの3本の矢、等で建設需要が多くなり、建設資材の高騰や、職人不足による賃金の高騰で建築費は1.2倍程度にまで跳ね上がる状況となっていましたが、他社の合い見積の徴収により競争原理も働き無事に予算内にて工事金額を決定する事ができ、一安心しました。・・・・・続く

工事状況は、やはり懸念していた型枠職人さんの不足で3週間程の遅れが出ています。ふらふら
来週から何とか応援の職人さんが入るとの現場担当者の報告。よろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)

1Fkatawaku6.JPG 1Fkatawaku4.JPG
posted by アーキプロデザイン at 17:10| 日記